スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブとジョーの生きた証として

クワガタムシbeetle



この夏クワガタムシとカブトムシを拾いました。
クワガタは、自宅周りにまいた薬で弱っていたのを保護しました。
薬でやられていたので、中和するためにひたすら水をかけて洗い流し。
さらに、濡らしたティッシュの上で回復させて、スイカを口にあてて薬を外に出すようにしました。
(※ティッシュは弱ったクワガタを回復させる方法。ケースに濡らしたティッシュとエサだけ入れます。)
(※スイカは、本来下痢気味になるので、通常はよくありません。)
無事に数日後、元気になって普通に動けるようになりました。
木をはさんだり、はさみをあげて威嚇したり、かなりのやんちゃぶりでした。

残念ながら、その後別の理由でジョーは、亡くなってしまったのですが…
必死で助けた分、結構沈みました。。。


カブトムシは、8月の終わり、飲食店横で弱っていたのを見つけました。
ジョーのこともあり、弱ったカブトムシをつれて帰るか悩みました。
結局、足が折れている事もあり、このままではダメだろうと連れ帰る事にしました。
よほど、お腹が空いていたらしく、エサをあげると翌日の昼まで顔を突っ込んで食べていました。

おとなしいけど、ちょっとやんちゃで、えさのカップに頭をつっこんで、逆立ちしたり、
寒い日に何時間置きかにケースをゆたぽんとかで暖めてた時も時間が経って効力がなくなる時のために
入れた桐灰のカイロの横でじっと待っていたり、ケースを温めると顔を動かして喜んだそぶりをして、とても可愛かったです。
エサ皿を替えて上手く食べれなくなった時は、カブが私の指にしがみついて、エサを食べだして夜中の3時代に45分位動けなくて大変だったけど。

そんな、カブも10月11日ついに動かなくなってしまいました。
ジョーの時より期間が長い分、沈み方も半端ではなかったですが…。


今回のことで色々とカブトムシ、クワガタムシを飼う時の飼い方がわかりましたので、別記事でまとめたいと思います。
カブトムシとクワガタムシ飼い方の注意点、弱った時の対処

スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

めざせ自愛
プロフィール

菅原 晴音

Author:菅原 晴音
(スガワラ ハルネ)

□アバウト□
A型に間違えられるB型。
ゆるりと生きる事が目標の乙女。
乙女ゲームがここ最近のヒット☆軽く20冊はある積み本を消化できず、途方にくれているこの頃。
□野望□
将来、家の中の階段下に本を
大量収納できる棚付きの家に住みたい。

最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
リンク
L☆O☆V☆E



階段下の本棚
★永世保管庫★
★一時保管庫★ 晴音さんの読書メーター 晴音さんの読書メーター
★おすすめ★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。