スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛モノ初クリ(祝vv)総括

遥かなる時の中で4

全クリ致しました!!
恋愛ものを初めて飽きもせずにクリアできました
もう一つだけあるアンジェはいまだにクリアしてないというのに……

遥かは、面白かったです
saikiちゃんいろいろ教えてくれてありがとです

物語の作り方、各キャラクターの設定、デザインはとても良かったです。
ただ、作り込みの偏りがあるなぁと感じたことと、最後のもりあがりの部分の恋愛模様が足りないキャラがちらほらいること。謎フラグが回収されてないのがある。あとは、主人公が記憶ほぼ無いはずなのに中つ国の戦いに順応するのが早すぎる。

と、気になるところはあれど、楽しかったです。満足満足
後は、妄想というセルフサービスで補うことにします。(みなみちゃんからの助言)

攻略順
那岐→忍人→遠夜→サザキ→布都彦→柊→風早→アシュヴィンの順で攻略

攻略したキャラについては長くなり過ぎたので読みたい方は↓どうぞ
※ネタバレ込み
那岐
とりあえず、君は何故、どのように現代に行ってどこで風早や主人公と出会ったの……
さっぱり謎がとけてないのですが!!そもそも風早に謎を抱かなかったのか。
ストーリーよりむしろやればやるほどそこが気になりました。
那岐の設定自体は嫌いじゃないし、キャラクターもよかったんだけど、那岐のストーリーは主人公がおきざり状態で気づいたらラスボスでした本当に設定が美味しい分、冷静になってからもったいない話に思えて仕方なかった那岐の気持ちは痛いほどわかるけれど。主人公が那岐について知る機会が欲しかった

忍人
おっしーの話はとても好きでした。切ない
なんていうかおっしーの生き様がかっこよくて好き。おっしーの主人公への思いが好き。
取り戻した希望。桜の約束……。幸せな夢。伝えることのできなかった想い。
最後まで愛した国とひとりの人を守り抜くってなかなかできないと思う。
涙腺がゆるんだよ。
おっしーが最後に倒れた後の主人公のシーンも見たかったです。
goodエンディングは風早、柊並みにこってりと作ってもらいたかった。
大団円の後にあのシーンだけではちょっと物足りない……。エンディングが良かったから尚のこと。それでも、若干切なくなるあたり、忍人のストーリーは良かったと思う。一番違和感なく受け止められたし

遠夜
遠夜の話は、「ワギモ」の謎を解くのがある意味、一番の目的でした
遠夜と会話するたびに重要な単語だということはわかっていたんだけど「だから、ワギモってなんですか」って思ってました。
純粋というか透明感のあるキャラでした。なんとなくほっとするというか居心地がいい子だと思います。ストーリーはキレイな話でした

サザキ
サザキは愛の表現?の仕方が大胆で、ある意味一番ネオロマンスゲームをやった気になるキャラクターだった。ストーリー展開もネオロマンス。やっぱりだったけど、王道が似合うキャラだと思います。

布都彦
布都彦は、可愛らしいって感じでした。意外と大胆でもあったけど
主人公が恋していたのかが実は若干気になるけど、主人公の強い意志みたいなのは一番感じたかな話としてはすっきりまとまっていたと思うし。那岐との掛け合いが好きだったかも結構仲良しな二人(笑)


柊は、布都彦のお兄さんとの話、未来が見えているという辛さがあったんだろうな。妙に達観してひねくれた性格もわかる気がする。
話もすっきりしてたんだけど幸せENDのわりには一抹の不安が消えない終わりだったなぁ
ラストの後はどうしたんだよって思ったし。本当に大丈夫なのって余韻が一番あった。

風早
風早は、最初に約束の話があったので、なるほどね。この約束を果たすとかがキーポイントかなんて勝手に予想してたら意外な約束と意外な正体に一番びっくりしたキャラでした。よくよく考えたら風早だけ何故か土属性攻撃できるし、攻撃する時一瞬麒麟出てくるし、こんな所にヒントが……!!
ストーリーは一番壮大でスケールが大きな話でした。神が神子に恋をしたって感じかな。性格違うけど「空色勾玉」思い出した。
ゲームやっている間、正直欠片も興味を抱かずに進めていたから、意外性はNo,1。

アシュヴィン
*材料:
リッド(TOE)+アスランの良い部分(gSEED)、共に共通する石田氏の声のトーン
*作り方:
鍋に恋愛とアドベンチャーで下味をつけたリッドとアスランを加えます。美味しいキャラクター設定と性格作りが終わったところに石田ボイスを加えます。隠し味の香辛料は”敵対関係”です。
*point!!:
ゲームしている最中にふと
「アシュヴィンって晴音ちゃんの好みだと思うんだけど」by saikiちゃん
のささやきで白旗を上げること。

アシュヴィンだけ妙に長くてすいません。
奇声発動しちゃったもので…。
戦っている時の台詞を聞いた時から薄々、危機感はありました。
「恐れるなよ最後までつきあってやるぜ」「守られるのも悪くないだろう」
何かやばいオーラーを感じる(滝汗)←若干負けてる
ささやかな抵抗として攻略を後回し。
「何度も石田キャラに落ちてなるものか」←この時点で既に負けてる
「俺の花嫁殿」の台詞に思わず停止してTVを離れ深呼吸。。「負けてなるなるものか」←だから負けてる

奇声を上げ過ぎてマジで近所迷惑……本当にすいません……

性格、デザイン、ストーリー、石田ボイスの条件が揃うと勝てない~~~~
「二人だけの結婚式」の一瞬入っている一音。
ぎゃっっっっ
こっちが目をそらしたい!!
言いにくいとか照れるからやめれ~~とアホ全開……。。誰もいなくて良かった。。。


というわけで、晴音的には、アシュヴィンと忍人がお気に入りです。話的にも甲乙つけ難い。ただ、負けたのは100%アシュヴィン……。どうしてこんなに石田キャラに駄目なんだろう。。。
スポンサーサイト

テーマ : 遥かなる時空の中で4
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

矢が刺さったよ

うん、的中だった。
アシュだったよ。。。。

あれには抗えないわ。
アシュは良かったよね。
ヘッドフォンで聞いたsaikiちゃんは勇者だと思うよ!!!
私は大音量で「ぎゃー!!!」て叫んで布団の上で悶絶してた。

柊はわかる。泣くよね。
内容が重い…。終わった後もこの人、本当に大丈夫かなぁ。って心配したもの。

的中

やっぱ、アシュ好きになったでしょー!!

ま、そういう私もアシュ好きだけど(ボソリ)
私は、ヘッドフォンしてゲームするから、例の音にぐあーーとヘッドフォン投げちゃいました。そのあと、ゴロゴロゴロゴロ~と布団の上を転がってました。

あと自分でもビックリだったのが、柊。
平日夜中にゲームしてて、うっかり泣きました;
めざせ自愛
プロフィール

菅原 晴音

Author:菅原 晴音
(スガワラ ハルネ)

□アバウト□
A型に間違えられるB型。
ゆるりと生きる事が目標の乙女。
乙女ゲームがここ最近のヒット☆軽く20冊はある積み本を消化できず、途方にくれているこの頃。
□野望□
将来、家の中の階段下に本を
大量収納できる棚付きの家に住みたい。

最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
リンク
L☆O☆V☆E



階段下の本棚
★永世保管庫★
★一時保管庫★ 晴音さんの読書メーター 晴音さんの読書メーター
★おすすめ★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。