スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語へ

結局、昨日は2時間睡眠。授業一瞬意識なかったです。

今日の授業はイラストレーション特別演習
去年、学芸員とかぶって取れなかった授業なので、卒業までにとれてよかったです。
毎回楽しみな授業なのですが、今回ちょっと興味深い話だったのでそれについて。

0~2歳までの絵本。
子供が母親とは違うものだという認識がなく、同じだという感覚があり、丸みの多いもの、安心して読めるものを好むそうです。

3~4歳までの絵本。
母子分離が始まって母親とは違うという認識がうまれてきて、未知の感覚に緊張感が出て来る。不安や心のすきまを埋めるための物語を欲するようになる。

5~6歳以降の絵本。
母子分離が進み、このころから自意識が芽生え、思いどおりにならないことがあることを理解する。擬人化が進み、自分の思いどおりになる分身を求めるこれを本に対して求めるようになる。

と、絵本や子供の成長などかなり深く考えさせられました。
それと同時にアニメや漫画、本で好きなキャラクターに対して騒ぐということは、自分の分身を求めての行動であって、好きになったキャラクター達には、理想とする自分像やどこか本人と共通する性格や行動、つながりがあるのではないかという前々からの考えが少し立証された感じがします。と同時に、漫画や本の展開が気にくわなくて嫌になるというのも、本人の願っていた展開や欲求が満たされない事(自分の思いどおりにならない分身)によるフラストレーション的な面があるのではないかなと思います。

これについては、ちょっといろんな人に聞いてみたい気もする…(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

めざせ自愛
プロフィール

菅原 晴音

Author:菅原 晴音
(スガワラ ハルネ)

□アバウト□
A型に間違えられるB型。
ゆるりと生きる事が目標の乙女。
乙女ゲームがここ最近のヒット☆軽く20冊はある積み本を消化できず、途方にくれているこの頃。
□野望□
将来、家の中の階段下に本を
大量収納できる棚付きの家に住みたい。

最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
リンク
L☆O☆V☆E



階段下の本棚
★永世保管庫★
★一時保管庫★ 晴音さんの読書メーター 晴音さんの読書メーター
★おすすめ★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。